東京マラソン2016 ​​日本人トップの高宮祐樹選手​(ヤクルト)へ​
「​​Central BMW 浦和支店​」​より、副賞​の​BMWを贈呈。
東京マラソン2016 ​​日本人トップの高宮祐樹選手​へ​「​​Central BMW浦和支店​」​より、副賞​の​BMWを贈呈。

浦和支店にてBMWビッグキーを手渡す​弊社代表取締役社長の田中徳兵衞(写真左)と高宮祐樹選手(写真右)

国道17号沿いにある弊社「Central BMW 浦和支店」で4月9日、東京マラソン2016において日本人トップ(全体8位)の高宮祐樹選手(ヤクルト陸上競技部)へ副賞を贈る「納車式」が行われ、高宮選手はBMW 3シリーズの新型プラグイン・ハイブリッド・モデル「330e Luxury」を手にしました。

公にスポーツ選手の納車式を Central BMW で行ったのは、1964年創業以来初。
当日は、弊社代表取締役社長の田中よりBMWビッグキーを手渡す催しもあり、高宮選手も大変喜んでおられました。

「実際に目の前で見ると予想以上にすごくいいクルマと実感した。これからのドライブが楽しみでもあり、使いこなせないかもという不安もある。普段は国産車のSUVに乗っているが、プラグイン・ハイブリッドということで、ガソリンを使わず電気で走れるので、近くのショッピングモールにでもすぐに行ってみたい。」と語った高宮選手、おすすめドライブスポットについては、「このあたりだと秩父へ行きたい。首都高5号から外環道、さらに関越道を走って、秩父や長瀞の自然に触れるルートがいい。」とお話しになりました。

また、来年の東京マラソンについても、「来年の東京マラソンも楽しく走れたらいい。来年も自己ベストを目指してがんばりたい。」との抱負を語っておられました。

今回の式典を開催した浦和支店は、BMW M認定拠点にもなっており、Mモデルの姿が目立つショールームです。
この浦和支店のほか、川口、大宮、所沢、川越、さいたま東、熊谷、板橋の各支店では、新型330eをはじめ、フルラインアップの展示車/試乗車をご用意しております。

ドライブシーズン、ぜひ、Central BMWのショールームへお越し下さい。
皆様のご来場を、スタッフ一同心よりお待ちしております。


副賞のBMW330eと高宮選手


プレスの取材を受ける高宮選手


BMW330eを運転される高宮選手

Central BMW
店舗情報
ショールーム


試乗車・展示車一覧
試乗車・展示車一覧